« 本日も昔の絵を | トップページ | ドラム缶アタック!!! »

今、アニメのお仕事は

そういえば先週、アニメ業界で働く人に久しぶりに会いました。

なんでも今、その友達の会社では現在のテレビシリーズにおいて

大変作業量が増えてしまって大変な事になっているそうです。

話を色々と聞いていると、どうやらその会社だけの話でもないようで

業界全体でやっぱり大変なんだとか。

 

とくにその友達の会社では主にアニメションの中の背景を描くパートを

担っているのですが、以前のころより絵の質がどんどん上がっている

ようです。その質の向上が作業全体にかなりの負荷になっているようですね。

 

ここでいう絵の質というのは、背景の緻密な書き込みをさしています。

以前のころはテレビシリーズで描く背景はそれほど緻密なものではありません

でした。だいたい一回、25分程度のテレビアニメで背景は250~300枚

かきますが、もちろんテレビという枠の中でしかも週に一回、コンスタントに

放映されるものです。なのでスケージュール的には非常に厳しく、その

中でできる背景レベルで描いていたと思います。

 

だいたい1枚にかけられる時間は4、5時間くらい?でしょうか。もちろん

背景しか画面に映らない(キャラクターがいない)BGオンリーと呼ばれる

背景に関しては時間もそれなりにさけますが、、、。

 

その背景が今ではテレビシリーズでもかなりのクォリティーが求められている

ようです。最近のテレビのアニメを見ると、これは劇場で公開されても

おかしくないのでは!??と思ってしまう背景もあったりします。

 

なんでそんなふうになったのでしょうかね。やはり見る人の目が肥えてしまった

からでしょうか。すごく手間隙かけた作品を見ることに慣れてしまって

見る側が、多少のクォリティーでは満足できなくなってしまったように

思えます。さらにデジタルの波もどんどん影響していますし、今後もこの

流れは止まらないでしょう。

 

なんというか細かく書くとすごーく長くなってしまうのですが

簡単にいうと今、アニメの背景を描く会社は大変なんだそうです。

ユーザーの目が肥えて、作り手側もどんどん質のよいものを作らないと

いけない。。どこの業界も同じなんですね。

 

|

« 本日も昔の絵を | トップページ | ドラム缶アタック!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、アニメのお仕事は:

« 本日も昔の絵を | トップページ | ドラム缶アタック!!! »